映画「ホピの予言2004年版」上映要項

  1. DVD『ホピの予言2004年版』
    ・本編『ホピの予言』監督宮田雪 75分 1986年作品
    ・補遺編『浄化の時代を迎えて~ホピの伝統に生きる
           マーチン・ゲスリスウマ氏に聞く~』構成辰巳玲子 25分 2004年作品
    2作品(本編・補遺編)の上映をお願いします。
     
  2. 上映料等について
    ・上映登録料 1,000円
    ・上映料 1~25名 500円、 ~50名 400円、 ~75名 300円、 ~100名 200円
     いずれも一人につきの料金です。

    例えば入場者が35名の場合 
    500円×25名+400円×10名で16,500円をお支払ください。
    100人以上の場合、その他、どうぞご相談ください。

    ・DVDは貸し出しいたします。
     また、以前に上映登録してくださった方も、今後は上映料をお支払いくださるよう
     お願いいたします。
     
  3. 上映会開催は非営利目的とし、主催者や主催団体の宣伝活動、および共演者の
    趣旨普及のために利用することはできません。
    なお、必要経費をまかなうための入場料は、徴収していただいて結構です。
     
  4. あらかじめ、上映日・場所・内容など詳細をお知らせください。
    講演者、出演者との共演の場合は、ご相談ください。

  5. アメリカ先住民が被った過去の歴史、そして、精神的・身体的・社会的に現在も深刻な問題となっているアルコール中毒を鑑み、上映会はノンアルコールでお願いします。

  6. 上映会時に、ランド・アンド・ライフ発行の印刷物やイベントの案内、また、物販品の販売協力をお願いしています。
    映画の内容やホピの思想を理解する上でも、参考にしていただけるものと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

    • 冊子『生命の始まりから浄化の日まで~ホピ物語~』A6版 86頁
      太陽氏族に属したダン・カチョンバによる口述記録です。
       「ホピの教えに値段をつけて売ることは、自分の母親を売るに等しい。」
      ダンの残した言葉とホピの思想を尊重し、非売品とし、ご寄附下さった方に
      お分けしてきました。
      英語から日本語への翻訳はランド・アンド・ライフ創設に関わった北山耕平氏に
      よるものです。
    • 冊子『ホピの予言のエッセンス』 A4版 6頁
      ホピの予言は、その全体を語るのに普通幾日もかかり、
      これまで何代もの人生にわたって徹底的に理解されています。
      そのなかでも一番重要なポイントだけを短くまとめたものです。英語対訳付。       
      売り物ではなく、ご寄附にてお分けしています。
    • 小冊子『未来へ続く道~「ホピの予言」に私を導いたもの』B6版 16頁 200円
      ランド・アンド・ライフ創設者で『ホピの予言』監督の宮田雪(きよし)が、
      1987年に雑誌『80年代』に寄稿した文章で、仏教者であった宮田が何故
      ホピと出会い、映画を製作するに至ったか、その背景とホピの精神性や教えについて語っています。
      宮田はテレビアニメやドラマのシナリオを数多く手がけた脚本家でした。
      16年間の病気療養を経て2011年2月14日66歳にて旅立ちました。

      他にも随時ご用意できるものがありますので、お問い合わせください。
      残部は返却していただけますが、返送料はご負担お願いいたします。 

  7. 映像の無断での改編などは著作権上許されません。
    また内容についての引用などは、予めランド・アンド・ライフまでご相談ください。
     
  8. ランド・アンド・ライフから辰巳玲子が上映会に併せてお話に伺います。
    どうぞご相談ください。

    辰巳玲子(Reiko Tastumi) プロフィール
    1957年神戸生まれ 1988年『ホピの予言』上映会を通じて、ホピのメッセージと出会い、
    以後、監督宮田雪と連れ添う。1995年脳内出血で療養生活に入った宮田の介護の傍ら、2004年『ホピの予言2004年版』を制作し、ランド・アンド・ライフの活動を再開。2011年宮田をスピリットの世界へ見送り、縄文の地、群馬の山間に移住。3.11後の世界を地球人としてどう生きるか、映像製作、出版、上映などを通して、ホピのメッセージを伝え続けている。

 

2013年6月現在


ランド・アンド・ライフ

携帯 08053303693(辰巳)

フォームの場合はこちらから